黒シャムしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手づくりゴハン?

手づくりゴハンの本を何冊か読んでいるのだが、大筋はいいとしてもどうも納得いかないところもあり。

アブラナ科の野菜は猫にOKだというのでブロッコリースプラウトを少し食べてもらったが、3名中1名、ユニくんのおなか具合がよくない。いろいろ考えてもこのブロッコリースプラウトが原因としか思えない。まあ、ユニのおなかはデリケートでプレミアムフードでもザナベルだとゆるいウンチになるが、ワイソングは大丈夫という具合ではある。

手づくりゴハンを常食していてものすごく健康そうなネコちゃんをあちこちのブログで拝見するので、ペットフードよりいいのでは?と期待してあれやこれやと調べているのだがもう8年弱ペットフードだから彼らの味覚もおなかも簡単に移行はできないのだろう。嫌がられない程度に気長にトライしていこうと思う。

PageTop

アイムス療法食リコール つづき

アイムスのリコールを受けて8月半ばに返品した品物の代金が小切手で届いた。
お詫びをしるしたA4用紙が一枚同封されていたがリコールになった問題点の詳細、報告が無い。そんなものなのだろうか?人用の食品だったらもっときちんと対応するのではないか?今月健康診断を予定しているのでこの件について獣医師の意見を聞いてみようと思う。

多剤耐性菌がサルモネラ菌などに発生したら大変だという話を今朝TVでやっていたが、アイムスのリコールといい、人間の進化が招いたことなのかな。人間って大なり小なり罪深いなあ。

PageTop

アイムス療法食回収

アイムスの療法食(ドライフード)について回収のお知らせが出ている。
下のP&Gサイトでは原因を明記していないが、アメリカのサイトでは製造工場でサルモネラ菌が検出されたとのこと。

P&G

うちは少し便秘気味なコ、おなかが少し弱いコがいるので腸管アシストと、腎臓アシストを常備している。常食にしているANFやINOVAの合間に出したりしていた。ニュースを知って在庫をチェックしたら全部返品しなくてはいけないものだった。あーあ。もう食べちゃった分もあるが猫達は元気にしてるのでよかったが。

このニュース、7月末にアメリカではリリースされたようだ。私は毎日10以上の猫ブログを楽しくチェックしているが、日本在住の方のブログで先週見たものはない。今週に入ってドイツ在住の方の猫ブログではじめて知って驚いた。意外と目に付かないニュースなので少しでもどなたかのお目に触れればと思いブログに記す。

PageTop

巡回

猫3名はリビングをメインに生活している。本気モードで寝るのもリビングだ。でも別の部屋でヒトがPCに張り付いていると1時間置きくらいに起きて別の部屋まで巡回してきてあくびをしながら足元にスリスリする。1名が来るともう1名も来たりする。全員集合することもある。PC周辺にも猫様のおねんね場所はあるが、そこで爆睡することはあまりなくて眠そうな足取りでリビングに戻っていく。今晩彼らはすでに2回、巡回している。

PageTop

7歳の猫達

5月1日、うちで生まれた猫2名が7歳になった。母猫であるもう1名は推定8歳8ヶ月。
今年の誕生日に病院で3種ワクチンを受けたとき、7歳は人生(猫生)の曲がり角なので今までとちがう箇所にも注意が必要と先生に言われた。猫が年を取るとたいてい腎臓に問題がおこる。多飲多尿は危険なサイン。

体重1kgあたりの水を飲む量 20?70cc   正常
               70?100cc  グレイゾーン
               100cc以上   腎臓に問題あり

(以上は先生にメモるように言われた数字)

年を取ると筋肉量が減るので今のうちにもう少し筋肉をつけたい、とも言われた(脂肪はこれで充分だって)。でもプロテインの多いフードは腎臓に負担がかかるそうだし、家猫の筋肉ってどうやって増やすのだろう。

次回は9月に予約をいれて総合健康診断。3名とも日中お預かりのうえ、血液検査と久々のレントゲン。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。