黒シャムしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ネコ用のサプリメント

黒シャムしまの年齢は2011年2月現在、黒8歳、シャム7歳、しま7歳。動物病院の先生がいうにはお肌ならぬお身体の曲がり角で今まで以上に注意が必要だとか。ネコ様については同居の我々が神経質なほうで先生も丁寧に診てくださるので、今までは何かあってもわりと早期発見早期治療で済んでいる。この先生は手術や薬は最小限にして、できるだけ自然に治したいという方針で、サプリメントによる体質改善をかなり推進していらっしゃる。今まで試したサプリや今摂っているサプリについて記録しておこうと思う。
(先生のおすすめサプリは、個人でみつけて試しているサプリは

サプリ☆過去形  

 ゼンラーゼ(粒)
あちこちのネットショップで売っているので入手しやすい。  
http://www.zenoaq.jp/product/pd24494.html
原材料: 納豆菌など
(ストルバイト結晶ができる場合の体質改善など)
黒が1歳、しまが6ヶ月のときにストルバイト結晶が出てすすめられ1瓶購入。
しばらく2名に与えたがph値も体質もあまり変化せず摂取中止。

● クランベリー粉末(アズミラのものだったはず)
あちこちのネットショップで売っているので入手しやすい。
原材料: 乾燥クランベリー
(ストルバイト結晶ができる場合の体質改善など)
しばらくゴハンにふりかけたが、さして効果は無かった。
効果の有無はph値検査紙で尿のph値から判断。

● ビムロン(粉末:病院で購入していたが、製造中止?)
原材料: ヒト型インターフェロンっていうかたんぱく質??
(ネコの感染症:コロナや白血病に効くらしい。ほかにもいろいろ良いらしいが歯肉炎にも効果があるということだった)
ユニ君の歯肉炎用に毎日摂取。ともかく症状の進行が止まっていたので、続けたかったが製造中止で入手不可能になった。 ビムロンの摂取が無くなったら歯肉炎がすこしずつ進行しだした。復活してほしいサプリ。というか、これは薬。


サプリ☆現在進行形

● ルンワン粒
(粒:1ボトル120粒入り 8400円
 ネコは1日1粒、といわれているがうちは半粒でも効果が出ているので、毎晩半粒ずつ:病院で入手)
http://www.lun-wan.com/lunwan.html
http://www.lun-wan.com/design/2009-11/lunwan.pdf
原材料: (特殊な)ミミズ
(血栓予防 → 血流が良くなるのでさまざまな体質改善になる)
シャムのユニ君の先天的な心臓奇形からくるであろう血流の負担を軽くする目的で使用。 血行が良くなるのはいいことだ、と尿のph値が安定しないプーコ、ニャーニャッチにも食べさせたらph値が正常になった!

● ボマジール キャットペップ
(粒:1ボトル100粒入り 1600円くらい 5キロ以下のネコは1日1粒 つまり朝晩半粒ずつ)
あちこちのネットショップで売っているので入手しやすい。
原材料: 緑イ貝など
(関節に問題がある場合に効果が期待できるとのこと)
黒ネコプーコ君の腰の変形性脊椎症用。ユニ君とニャ君も毎日夜だけ半粒。 効いているかどうかはよくわからないが、グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、カルシウム、タウリンが入っているらしいので「良いおかず」的位置付けとして続けるつもり。

● D?フラクション
(エキス、液状というかシロップ状というか 30ml 9000円くらいと60ml 16000円くらい 
フードにふりかけている。毎朝3滴ずつ、毎晩5滴ずつ)
あちこちのネットショップで売っているので入手しやすい。
原材料: マイタケ
(口内炎などへの免疫力アップに良いみたい、と先生にすすめられて)
ユニ君が歯肉炎になりかけているのでティース・ペーストやサプリをいろいろ試しているうちのひとつ。 歯肉に効いているかどうかは判然としないが毛ヅヤは良くなる。フケも出にくくなるようです。

● 乳酸菌シロップ
(シロップ、5gアルミ小袋入り 150円 サンプルとして病院からたくさんもらった。体重15キロにつき1日1袋だからうちのように5キロ以下だと1/3袋になる。目薬用の小ボトルに入れて使うことになるのでうまく入れにくいし手間がかかる)
原材料: ガラクトオリゴ糖20% 乳酸菌EC?12株1%
(腸内環境改善により免疫力アップ、口内炎などへの効果があるという)
ユニ君の歯肉炎用。最初の1週間は歯茎の赤みが引いて効いているようだったが、毎晩ゴハンに振りかけてひと月以上経った今、それほどの効果は感じられない。腸内環境改善といい便秘・軟便に効くというけれどユニ君のデリケートな大腸には効いていないようだ。相変わらず低気圧のときは軟便気味。便秘気味のプー君のゴハンにも先月までこれを混ぜていたがウンチ方面の印象は変わらなかった。

● ビオフェルミン
(粒 うちでは各ネコさんの便を見ながらときどき夜1粒を数日間投与していた)
どこでも売っているので入手しやすい。
原材料: 乳酸菌?
便秘や軟便のコに投与。でもこれですぐに便秘や軟便が治ったことはない。

 強力わかもと
(粒:夜1粒ずつ だけど人間大人が1日27粒なのでネコの場合もっとあげてもいいのかも??)
どこでも売っているので入手しやすい。 人間用としてドラッグストアの便秘コーナーにほぼ必ずある。
原材料: アスペルギルス・オリゼーNK菌(消化酵素産生菌)培養末、乳酸菌培養末、ビール酵母、チアミン硝化物(ビタミンB1) 、リボフラビン(ビタミンB2) 、ニコチン酸アミド
(整腸作用、それによる体質改善など)
ネット上で熱心そうな獣医師が犬猫に使っているという記事を読んで2011年2月4日から試している。消化酵素、乳酸菌、ビール酵母などの有効成分がひとつに入っていること、塩分や糖分が入っていないこと、比較的安価であることなどで日常的に使いやすい。これが体質改善にフィットすればたいへん喜ばしい。まだ数日使用しただけだが全員の便が良好になってきているように見える。

☆☆☆☆☆

サプリで絶対体質改善されるとは言えない。 でもよそのネコちゃん達の毛質とうちの連中の毛質をくらべるとうちの連中のほうがしっとりと柔らかいので毛や皮膚には効いているのかも。。まあフードによってもかなり毛質がかわるのでサプリが効いたとはっきりは言えないが。たとえばザナベルのエレガンス(現ヘア&スキン)だとしなやかな子猫のような毛質になるが、ヒルズやサイエンスダイエットはイマイチ合わないみたいで毛質がぼそぼそで妙に油っぽくなるようだった。

今まで使ったサプリのなかで確実に効果があったのはビムロンとルンワン粒。ビムロンは製造中止らしくほんとに残念。なんでやめちゃったんだろう。もともと牛の感染症予防薬だったはずなんだけれど牛のほうはビムロン無きあと、どうしているんだろ??ルンワン粒は日本ではサプリメント扱いだが、韓国では医薬品扱いだったみたい。多数の国でサプリメントとして使われている。人間用もあって私も試したことがあるがかなり効く印象だった。具体的に言うとトイレの回数が増えた。

D?フラクションは量を増やしたらユニ君の歯肉炎の腫れが引いてきた。でも同時期に強力わかもとも始めているのでどちらが体質にあったのかわからない。ただ言えるのは何もしないと症状が悪化するのでしばらく両方続けるつもり。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。