黒シャムしま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Burst Kicks and ブラックマヌコビッチ

2008年12月27日。
この夜、都内某所でのイベントは忘年会気分のバンドが多数出て、酒あり食べ物ありという宴会モードのほうが強かったので、トリを務めたBurst Kicks and ブラックマヌコビッチの演奏には観客の酔いを醒ますような衝撃があった。いい音楽というものはダウナーかアッパーの作用があり、この晩彼らの音にはアッパーの作用があった。

ハコの音がどうとか、対バンがどうとか、そういうことは枝葉末節。バンドメンバーの向きが一緒になり、炸裂したときは誰が見たって聴いたってはっとするムーヴメントと音がそこにある。そういうものがたまにあるからこそライヴは尊い。

この夜のこのバンドはそうだった。
ヴォーカルの石井さんがこの日を最後に離脱するが、石井さんと残った彼らの今後に期待する。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。